あなぐまのせいかつ

ADHDのわたくし(マッキー)& たまにADHD+アスペルガーのしーさん(元イトー)の日常

車買い換えた!けど、、

3年ちょっと前に父親が"わたしのために"新車を現ナマで買った。

その後わたしはやりたい事ができ、その車では無理なので、父親が買った車を売って、こないだ新たに中古車を購入した。

 

車検証入れの中に任意保険の書類が見当たらなかったので、父親名義になってるのかも?と思い、仕方なく母親にメールで連絡。(父親だとよりめんどくさくなることが目に見えて分かるので)

 

「車を買ったので、任意保険どうなってるか教えてください。」

 

そして、

 

「検査の結果、ADHDだということが分かりました。ご報告まで。」

 

と。

しばらく後、返事が返ってきて、

 

「あなたがADHDだと言われてもピンとこない」

 

ですって。

 

いやいやいや、、

ピンと来ようが来まいが、そんなことはどうでもいいです。そういう事実があるというだけです。

 

そもそもうちの母親は元教師。障害学級の担任もしてたはず。

わたしが鬱々としてたり、過眠、過食、買い物依存、もうハッキリ覚えてないけど、数々の問題行動はあったはずだし、メニエル、帯状疱疹、橋本病など、ストレスが原因で起こる病気も色々やりましたが。それでもピンと来ないんだろうか?本当に不思議で仕方がない。

 

だいたい昔から母親は健康マニア。「今日の健康」とか定期購読してたくらい。今は知らんけど。精神の健康には興味ないんですかね?

 

それと、半年以上前に「毒になる親」を読んで!とわたしからかなりお願いしたのに、メールのやり取りでそのことを聞いたら1回目はスルー。

 

ん?、、アヤスィ、、

 

もう一度畳み掛けて聞いてみたら、やはり読んでいなかったし、買ってもいなかった。

ホントにもう腹立つ通り越して呆れる。

 

わたしが働けず、妹は引きこもり。

 

その現実に向き合い対処するつもりが全くなかったんだな、と改めて何度か目の実感(と、数え切れないくらい目の失望)をしたのでした。

 

わたしがADHDだと分かった瞬間、事の重大さに気づいたんでしょうかね。遅すぎますけどね。

 

父親の反応もかなりムカつくものでしたが、ちょっと疲れたのでまた気が向いたら。