あなぐまのせいかつ

ADHDのわたくし(マッキー)& たまにADHD+アスペルガーのしーさん(元イトー)の日常

病名遍歴

ふと思い出したんだけど、何年か前、前の病院の先生に自分は発達障害ではないか?と尋ねてみたことがある。

その時は「違うと思います」って言われて、まぁ精神科の先生が言うんだからそうなんだろうな、と思ってすっかり忘れてた。

(↑興味がなくなるとすぐに忘れる。)

 

その当時は大人の発達障害は専門の先生に診てもらわないといけない、という事実を知らなかったし。

イトーがアスペルガーぽいことがその病院で分かり、その時に専門の先生に診てもらわないと分からないということを初めて知った。

 

そんでイトーのアスペルガーについてちょっと調べてたら、あれ?わたしADHDの症状まんまなんだけど!?と。

 

中学3年生くらいから過食症が始まり、大学生でひとり暮らしを始めてからは、突飛な行動が多くなった。

その当時はインターネットも普及してなかったし、自分の過食ややっちまったことを全部自分のせいにしてた。過食症とか躁鬱病とか、そんな言葉も知らなかった。

ずっと自分を責めてた。

 

大学を一年留年して卒業し、実家に帰ってきてもやっぱり生きづらさは変わらなかった。

その頃やっとインターネットが普及してきて、ようやく「鬱病」という言葉を知った。

それで恐る恐る精神科に行った。

 

その時は、とりあえず鬱状態ですね、と言われてなんだかホッとしたのを覚えてる。

そうだったのか!病気のせいだったのか!と。

 

それから診察を重ねて、躁鬱病の診断がついた。そして多分以前は過食症だったんでしょうと。

 

それから20年近く、自分は躁鬱病なんだと思ってきた。けど、躁鬱病のお薬を飲んでも今だに鬱にはなるし、生きづらさもそんなに変わらない。

 

昨日ADHD傾向がかなり高いと言われて、それも少しホッとした感じはある。やっぱり!みたいな。

実際には検査を受けてみないと分からないところではあるけど、自分の行動のクセみたいなのが分かったから、色々と対策はできるなと。

 

とりあえず前向きに考えていこうと思う。