あなぐまのせいかつ

ADHDのわたくし(マッキー)& たまにADHD+アスペルガーのしーさん(元イトー)の日常

記憶と写真と紙媒体

この間発達障害の検査を受けるべきなのか、その前段階の面接を受けたけど、その時に本当に思った。

 

昔の記憶がものすごく曖昧。

 

いつ何をしてたか、っていう事実が思い出せない。大学生になってからは写真を撮るようになったから、それなりにこんなことあったなぁって、写真を見たら思い出す。

それ以前のことも、写真や書類なんかが残ってたらなんとなく思い出すこともあるけど、ホントにそこにわたしはいたのか?と思う時もある。

 

今でもライブに行っても離人感のようなものを感じるし、昨日誰かに会ったとしても、なんだかすごく昔のことのような気がする。

 

写真や書類がわたしの記憶代わりになってる。

で、今は紙媒体をほぼ諦めたから、昔から溜め込んでた書類やパンフレット、チラシなんかのデジタルデータ化をしてる。

自分の人生を振り返りつつ、ゆっくりと。

 

以前は紙媒体にこだわってて、デジタルを信用してない節があったけど、書類をスキャンしてシュレッダーにかけたり捨てたりするのがだんだん気持ちよくなってきた。

紙媒体からの解放、かな?

まだまだ沢山残ってるけど、ゆっくりと減らしていけたらいいなと思う。

そして、スッキリ、サッパリした気持ちになれたらいいな。