あなぐまのせいかつ

ADHDのわたくし(マッキー)& たまにADHD+アスペルガーのしーさん(元イトー)の日常

毒になる親

Kindleで「毒になる親」を読んでる。

まだ最初の方しか読んでいないのに、今までぼんやりと自分なりに考えていたことが可視化されてる。

今は本当に自分のことを考えるだけでいっぱいいっぱいだけど、読まずにはいられない。

 

自分の問題の原因を突き止めるには、根っこのところをはっきりさせないと、とは思っていたけど、やっぱり家庭環境=親、というところにたどり着く。

 

毒親、と一口に言ってもいろんなタイプの親がいるけれど、わたしにしろパートナーにしろ、親のタイプは違えど結果として同じところにたどり着いちゃうんだなぁと。

 

依存心が強く、自己肯定感が低く、独立心が弱く…

 

それをこの本を読むことで再確認してる。