あなぐまのせいかつ

ADHDのわたくし(マッキー)& たまにADHD+アスペルガーのしーさん(元イトー)の日常

自炊

自炊と言っても料理じゃなく。

…結婚してた時は毎日苦痛だったなぁ…

 

じゃなくて。

本の自炊をすることにした。断捨離の一貫で。

 

本が読みたくても、いつも一階のリビングにいるから、そっから2階の本棚まで行くのが面倒だし、マンガ読むとなるともっとめんどくさい。

そもそも2階に行くのが面倒。寝る時に仕方ないから2階に上がる感じ。

 

なので、もう全部iPhoneとかで完結できるようにしてやろうと。

手帳を諦めたことで、なんか少し踏ん切りがついた気はする。

 

kindleとかを使ってみて、電子書籍のいい点として「積ん読」の罪悪感から解放された感があった。

枕元に山のように読みかけの本があるのを見るたびに、なんか嫌な気分になってた。

 

でも電子書籍だったら読みたい時につまみ食いしても、データとしてiPhoneクラウドにあるだけ。読みたい時にiPhoneがあれば大丈夫。

 

今日スキャナーと裁断機が届く予定だから、ワクワクドキドキしてるところ。スキャレンというとこでレンタルした。

レンタル期間は一週間。どこまで集中力が続くかなぁ。

広告を非表示にする

いい子ちゃん

こないだ手紙類の整理をしてたら、幼稚園の卒園の時にもらったと思われる手紙が出てきた。

多分年長さんの時の先生からの手紙。

その中で、

 

小学校にいっても、いいこの(あなぐま)ちゃんでいてくださいね。

 

という一文があった。

わたしは幼稚園のころからいい子を演じてたのか!!とちょっと衝撃。

 

そもそも幼稚園の頃の記憶がほとんどないに等しいのに、「本当の自分」ってなんなのかさっぱり分からん、お手上げですな。

これから構築していくしかないんかなぁ。

昨日のやらかし

①銀行の氏名変更

去年から持ち越してた銀行の氏名変更(親が勝手に作った口座)の書類をやっと送ったものの、銀行から連絡があり「通帳のコピーではなく通帳そのものを送ってもらいたかったのですが…」と。

完全にわたしの勘違い。。

結局通帳を取りに来てくれることになって、その時に、「こちらもお願いします」と。見ると記入日欄の年号が抜けている。その場で記入して渡した。

ちゃんと確認して出したと思ったのになぁ。。

わざわざ来てもらってすまぬ。。

 

②本のダブル買い

昨日ADHD本のサンプルを楽天koboで落とし、なんだか良さそうと思って購入。

続きを読み始めて、、

ん?なんだかデジャヴ?!

もしやと思いKindleを開いてみると、すでに購入してるしーーー!

がっくし。

リアル本だったら売ることもできるけど、、ねぇ。Kindle楽天koboか、どっちかに統一した方がいいのかしらねぇ。

 

まあ以前だったら凹んでる状況だけど、ADHD傾向が強いということが分かったから、またやっちまったなぁwwで済ませることができて気分的には楽。

むしろまたネタできた感w

病名遍歴

ふと思い出したんだけど、何年か前、前の病院の先生に自分は発達障害ではないか?と尋ねてみたことがある。

その時は「違うと思います」って言われて、まぁ精神科の先生が言うんだからそうなんだろうな、と思ってすっかり忘れてた。

(↑興味がなくなるとすぐに忘れる。)

 

その当時は大人の発達障害は専門の先生に診てもらわないといけない、という事実を知らなかったし。

イトーがアスペルガーぽいことがその病院で分かり、その時に専門の先生に診てもらわないと分からないということを初めて知った。

 

そんでイトーのアスペルガーについてちょっと調べてたら、あれ?わたしADHDの症状まんまなんだけど!?と。

 

中学3年生くらいから過食症が始まり、大学生でひとり暮らしを始めてからは、突飛な行動が多くなった。

その当時はインターネットも普及してなかったし、自分の過食ややっちまったことを全部自分のせいにしてた。過食症とか躁鬱病とか、そんな言葉も知らなかった。

ずっと自分を責めてた。

 

大学を一年留年して卒業し、実家に帰ってきてもやっぱり生きづらさは変わらなかった。

その頃やっとインターネットが普及してきて、ようやく「鬱病」という言葉を知った。

それで恐る恐る精神科に行った。

 

その時は、とりあえず鬱状態ですね、と言われてなんだかホッとしたのを覚えてる。

そうだったのか!病気のせいだったのか!と。

 

それから診察を重ねて、躁鬱病の診断がついた。そして多分以前は過食症だったんでしょうと。

 

それから20年近く、自分は躁鬱病なんだと思ってきた。けど、躁鬱病のお薬を飲んでも今だに鬱にはなるし、生きづらさもそんなに変わらない。

 

昨日ADHD傾向がかなり高いと言われて、それも少しホッとした感じはある。やっぱり!みたいな。

実際には検査を受けてみないと分からないところではあるけど、自分の行動のクセみたいなのが分かったから、色々と対策はできるなと。

 

とりあえず前向きに考えていこうと思う。

ADHD傾向

昨日診察に行ってきた。

先日簡易チェックのようなのをしたんだけど、その結果、ADHD傾向がかなり強いらしい。

 

その結果を見ながら先生が「これだけ数値が高いと、今まで怒られたり怒られるのが怖かったり、色々としんどかったと思います(略)」と言っていたのだけれど、、、

 

確かに、大人に怒られないように、気に障らないようにということばかり考えてたのは覚えてるけど、小さい頃に怒られたという記憶は全く思い出せない。

 

記憶から消してるのか、それとも他の何かがあったのか、それは分からないけど、、

 

それと、対人関係の問題とか母がアスペルガーぽいということもあり、発達検査を受けることになった。2時間〜2時間半くらいかかるらしい。。

 

考えただけでもうしんどいけど、ここだけはハッキリさせときたいから頑張ろう。

広告を非表示にする

記憶と写真と紙媒体

この間発達障害の検査を受けるべきなのか、その前段階の面接を受けたけど、その時に本当に思った。

 

昔の記憶がものすごく曖昧。

 

いつ何をしてたか、っていう事実が思い出せない。大学生になってからは写真を撮るようになったから、それなりにこんなことあったなぁって、写真を見たら思い出す。

それ以前のことも、写真や書類なんかが残ってたらなんとなく思い出すこともあるけど、ホントにそこにわたしはいたのか?と思う時もある。

 

今でもライブに行っても離人感のようなものを感じるし、昨日誰かに会ったとしても、なんだかすごく昔のことのような気がする。

 

写真や書類がわたしの記憶代わりになってる。

で、今は紙媒体をほぼ諦めたから、昔から溜め込んでた書類やパンフレット、チラシなんかのデジタルデータ化をしてる。

自分の人生を振り返りつつ、ゆっくりと。

 

以前は紙媒体にこだわってて、デジタルを信用してない節があったけど、書類をスキャンしてシュレッダーにかけたり捨てたりするのがだんだん気持ちよくなってきた。

紙媒体からの解放、かな?

まだまだ沢山残ってるけど、ゆっくりと減らしていけたらいいなと思う。

そして、スッキリ、サッパリした気持ちになれたらいいな。

またやらかしてた

前の記事で認知行動療法の本(電子書籍)を読み始めたと書いたけど、まえがきを読んでて、あれ?と。

 

男性の写真があった気がしたのに、まえがきでは著者は女性だと書いてある。。

んんん??

買おうと思ってたんとちゃうヤツ買ってるーーー!

 

表紙も違うし著者の名前も違うのに、全く気づかずに購入してた……(脱力)

 

間違えて買った本もまぁ良さそうなんだけど、なんとなく落ち着かないからまた書い直した。。

 

なんで気づかんかなぁ…(悲)